鹿 はたらく

【小説】69歳の学生から20代の学生たちへ(27)

タイトル:電園復耕~大通りからそれて楽しく我が道を歩こう なぜ人を押しのけて狭き門に殺到するのか?自分を愛し迎えてくれる人たちとの人生になぜ背いて生きるのか? この書き下ろしは、リクルートスーツの諸君に自分の人生を自分で...

「臨時災害放送局」(以下、臨災局)という言葉を耳にしたことはあるだろう.....

臨災局とは
はたらく

阪神淡路大震災がきっかけ 市民の命を守る「臨災局」とは

臨災局とは はたらく

阪神淡路大震災がきっかけ 市民の命を守る「臨災局」とは

「臨時災害放送局」(以下、臨災局)という言葉を耳にしたことはあるだろうか。臨時災害放送局とは、阪神・淡路大震災をきっかけにつくられた制度で、地震や豪雨などの大規模な災害が起こったときに一時的に開設される放送局である。最近...

社会的課題をビジネスで解決するソーシャルビジネスを生み出すためのプラットフォームが続々と生まれている.....

リバースプロジェクトとイトーキの記者会見、CSR/CSVの発展形として「CSW」を提唱した
まなぶ

社会的事業の共創プラットフォーム続々と

リバースプロジェクトとイトーキの記者会見、CSR/CSVの発展形として「CSW」を提唱した まなぶ

社会的事業の共創プラットフォーム続々と

社会的課題をビジネスで解決するソーシャルビジネスを生み出すためのプラットフォームが続々と生まれている。6月から7月にかけて、三菱総合研究所や俳優の伊勢谷友介氏が代表を務めるリバースプロジェクト(東京・港)、国連開発計画(...

今日、テレビやインターネットの普及によりラジオを視聴する人が減少してい.....

FMびゅー生放送時の様子
まなぶ

コミュニティFM 災害時こそ

FMびゅー生放送時の様子 まなぶ

コミュニティFM 災害時こそ

今日、テレビやインターネットの普及によりラジオを視聴する人が減少している中、北海道ではコミュニティFM局の数が増えている。北海道には現在27のコミュニティFM局があり、人口に対するラジオ局の数は全国でもトップレベルだ。「...

記事を執筆した木村さん

今週から夏休みがはじまったが、熊本の人たちに浮かれた表情は見られない。それはボランティアが減少し、観光客の戻りも見えないからだ。復興には多くの人の支援が必要だ。 しかし、熊本地震の報道が減り、現.....

このエントリーをはてなブックマークに追加
まなぶ

【熊本体験記】いま、熊本へ(災害ボランティア編)

記事を執筆した木村さん まなぶ

【熊本体験記】いま、熊本へ(災害ボランティア編)

今週から夏休みがはじまったが、熊本の人たちに浮かれた表情は見られない。それはボランティアが減少し、観光客の戻りも見えないからだ。復興には多くの人の支援が必要だ。 しかし、熊本地震の報道が減り、現地のことが知れない状況では...

青木さんは炭鉱が衰退していった悲しみをにじませながら語ってくれた まなぶ

メロンだけじゃない、炭鉱遺産で地域再生―北海道・夕張

戦後70年代の近代化を支えた石炭の産地として知られている北海道・夕張市。しかし、石炭の需要が次第に薄れていくに連れ、次々と閉山し、街から人が減少していく衰退も隠せなくなってきた。そんな中で、地域資源としての「炭鉱遺産」の...

グリーンピース写真 まなぶ

なぜオーガニック食品は広がらないのか?

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは7月20日、「オーガニックで目指す地域に根ざした販売戦略とは」と題したセミナーを開いた。ゲストで登壇したイオンアグリ創造の南埜(みなみの)幸信・生産本部事業企画部長は、「生産者と販...

若者の特徴を知るためには、若者文化に入り込んでいかないと見えてこないと言う まなぶ

イマドキの若者は「枠」で捉えろーー若手研究者

TVは観ない、モノは買わないなど、イマドキの若者の特徴的な傾向はつかみづらい。しかし、若者が持つ枠ごとに見ると特徴が見えやすいと話す若手研究者がいる。若者の持つ枠とは何か。(オルタナS副編集長=池田 真隆) 7月20日、...

まなぶ

全国のESDを体験取材する大学生レポーター募集

学生団体ecoconは全国各地のESD・環境教育等の取組を取材する「大学生レポーター」を募集しています。大学生レポーターは、環境省総合環境政策局環境教育推進室が実施する「大学生等によるESD・環境教育『見える化』レポート...