マルイ、サイズに悩むLGBT就活生へスーツの試着会

有楽町マルイ店で25日、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の就職活動生向けにスーツの試着会が行われた。就職活動では主にスーツの着用が求められ、特に身体の性と心の性が一致しないトランスジェン...

池田真隆

精神障がい者の職場定着、「就職後3カ月がカギ」

障がい者雇用支援サービスを展開するリクルートスタッフィングはこのほど、精神障がい者の職場定着をテーマにセミナーを開いた。精神障がい者は身体・知的と比べ、年間雇用件数が最も多いが、約半分が3カ月以内に離職してしまう。しかし...

池田真隆

初めての「キャリア論」、自分に合った仕事の見つけ方

オルタナSは10月19日、武蔵大学江古田キャンパスでソーシャルビジネスを研究する自主ゼミを開いた。このゼミは、武蔵大学社会学部メディア社会学科松本ゼミの協力のもと、毎月1回実施されている。第6回目の開催となったこの日のテ...

武蔵大学松本ゼミ支局 寺田 直輝

東大にも京大にも 社会人とのつながり生む「知るカフェ」

大学生と社会人のつながりを生み出す「知るカフェ」が話題だ。そのカフェは東京大学や京都大学など11の大学のキャンパス前に位置し、一日の来客数は2500人を超える。学生同士の交流、採用イベントなどに利用されている。(オルタナ...

池田真隆

卒業後は被災地から東京へ――(野村尚克)

地方創生が盛り上がってから、首都圏から地方へ移住する若者に注目が集まるようになりました。一方、地方から首都圏へ行く若者がいるのも事実です。なかでも被災地で熱心に活動していた若者が都心へ出て行くのを見ると、どうしてなのだろ...

野村 尚克

「仕事で環境に貢献できる?」学生と社会人が討論会

社会人と大学生が環境をテーマに議論する交流イベント「環境おじさん御饒舌(おしゃべり)会」がこのほど、おおさかATCグリーンエコプラザ(大阪市住之江区)で開かれた。82人の学生と環境相から認定された「エコ・ファースト企業」...

オルタナS関西支局

成長と貢献、地方就活が盛り上がる理由

東京の大企業に就職することが人生の成功だった時代は変わりつつある。大企業も安泰とは言いきれない現代では、自分のスキルをどれだけ高められるかが自立の鍵だ。「都市は依存型、地方は自立型」と言われるように、なんでも自分でやる地...

「NPO新聞」代表 辻 陽一郎

LGBT就活生が直面する3つの課題

LGBTの方たち向けの、就職活動支援があるのをご存じだろうか。一見、LGBTであるがゆえに就職活動に支障をきたすということはない気がしてしまう。採用を行う企業側からすれば、面接時に自らカミングアウトをしない限り、その人の...

NPO大学

リクルートが見つけた、内定を獲得するための3つの課題

大学卒業後の進路未決定者は、大卒者の16%を占め、年間10万人に上る。生産年齢人口が減る中で、既卒未就業者の就労支援は喫緊の社会課題となっている。このような状況で、リクルートは動き出した。同社が展開する「ホンキの就職」で...

池田真隆

ソー活シェアトップを獲得したITベンチャー

ソーシャルメディアを使った就職活動であるソー活を日本に導入した、ITベンチャー企業ソーシャルリクルーティング(東京・渋谷)は、今年4月で設立3年目を迎える。競合も増え始めた今、シェアトップを守り続ける要因は何か、今後はど...

池田真隆

情報が氾濫する就活戦線 スマホ就活の達人から就活生たちへ

「最新のITサービスを活用した就職活動の進め方」セミナーが3月30日、都内で開催された。本セミナーは、学生の就職支援を行う「就活塾」を運営するキャリアアカデミー(東京・渋谷)とサムスン電子ジャパン(東京・港)が合同で主催...

池田真隆

上京する就活生注目! シェアハウス宿泊プラン「シェア泊」がスタート

就職活動において、上京する学生はお金のこと見知らぬ土地での心配事など苦労することがあることと思います。そのような中、シェアハウスポータルを運営する株式会社ネストレスト(東京・中央・代表 南雲 聖運)が就活生のためのシェア...

佐藤慶一

城さん、オルタナティブな進路に進んだ若者はどこへ向かうのでしょうか?

大学卒業後、企業ではなくNPOへ就職や移住してソーシャルビジネスを展開する若者が増えている。しかし、「ソーシャルビジネスプア」といわれるように、ソーシャルビジネスで結果を残している人はごくわずかである。人事コンサルタント...

池田真隆

採用困難な中小メーカー「ソー活」に挑む

「学生150人からのエントリー登録があっても、説明会に来てくれるのは1人だけ」 そう話すのは、医療機器や航空宇宙分野の製造業メーカーであるJMC(神奈川・横浜市)の渡邉大知代表だ。毎年、新卒採用のために大手求人媒体を使っ...

池田真隆

東京に行くお金がないから就活できないのは、おかしい!Skype就活始まる

地方学生の就職活動に関するお悩みを解決するサービスが1日、リリースした。ソーシャルメディアと無料通話が可能なソフトウェアSkype(スカイプ)を使用し、時間的、物理的障壁を解消する「Skype就活.com」だ。...

池田真隆

外国籍人材の採用を加速 採用基準は「プログラミング」のみ 第一弾は上海で

ソー活の仕掛人がまた、日本にはなかった「新しい就活」を世の中に誕生させた。ソーシャルメディアを使った就職活動であるソー活を普及させたソーシャルリクルーティング(東京・渋谷)は、プログラミングスキルを中心に採用基準として導...

池田真隆

28歳、初めての海外勤務で感じる「日本でやっておくべきだった3つの事」

昨年5月から、日本人のベトナム就職斡旋を行うベンチャー企業で働いている私(社長は日本人だが本社がベトナム(ハノイ)にあるのでこちらに常駐している)、28歳にして初めての一人暮らしと海外勤務を実践中。今後、東南アジアで働く...

中川真弓

就活生必見! コネも資格もない学生が複数の企業から内定を得たワケ

23日、都内で中経出版主催の「2014卒就活スタート直前!何もしてこなかった大学生でも内定はとれる!『凡人内定戦略』×『なぜ学生の9割は就活に疲れるのか』座談会」が開催された。会場には就活目前の大学生を中心に約30人が参...

高橋一彰

ソー活はグローバル化へ SNS使い低コストで新卒中国人を採用

グローバル化を目指す国内企業が中国現地の大学に通う新卒中国人学生を、SNSを使い採用するサービス「日企招聘SRI」が展開されている。ソーシャルメディアを使って就職活動する「ソー活」のグローバル化が始まった。 運営している...

池田真隆

書評ゲームで自己分析 就活生のためのビブリオバトル

SOOL(スール、東京・渋谷)主催のイベント「就活生のためのビブリオバトル」が8月30日に渋谷にて開催された。会場には就活生を中心とした大学生約20人が会場に来場した。 ビブリオバトルとは年齢問わず誰もが楽しめる書評のゲ...

高橋一彰

学生が中小企業に恩返し 企業の魅力を伝える「夢造」

関西の学生たちが中心となって立ち上げた学生団体「UCP」(Undergraduate Consulting Project)は、中小企業と学生が連携するきっかけを作るためのイベント「夢造(ゆめぞう)」を企画、運営している...

annelimit

グローバル時代の働き方とは「多様性の認め合い」

加速する日本企業の海外進出と並行して、グローバル人材の需要は高まっている。そこで、野村総合研究所(NRI)は9 月12 日、学生を対象にグローバル時代の働き方を考えるイベント「NRI未来創発キャンパス」を都内で開催する。...

池田真隆

リーダーシップとはあなたのものであり、私のものです 

6月26日京都大学で開催されたJolkona(ジョルコナ)共同設立者アドナン・マームッド氏の講演「あなたのなかにあるリーダーシップ:変革を生み出すためのはじめの一歩」が開催された。アドナン氏が講演の中で伝えたメッセージ、...

オルタナS編集部

変革を生み出す一歩 シアトルの社会起業家から日本への想い

この6月アメリカ・シアトルから一人の社会起業家が来日した。彼の名前はアドナン・マームッド。日本を含む世界20ヶ国120以上のプロジェクトと世界中の個人とを繋げて、寄付活動をサポートしているNPO Jolkonaの共同創設...

オルタナS編集部

【モテ企業の条件】「つかず離れず」最高のおもてなしを旅人へ――行燈旅館

これからの日本で必要とされる会社、長く生き続けることのできる会社ってどんな会社だろう。そんな“モテ企業”が持つべきモノを探すのが「モテ企業の条件」。 消費者からモテる企業、取引先からモテる企業、労働者からモテる企業、そし...

mieee79

ユヌス氏「知識は実践しなければ意味がない」

グラミン銀行の創業者でノーベル平和賞受賞者のムハメド・ユヌス氏がこのほど来日し、シンポジウム「ビジネスと社会性の融合が生み出す可能性」が日本財団(東京・港)で開催された。宮城県女川町の「蒲鉾本舗高政」の4代目・高橋正樹氏...

hiro

『若手起業家×学生』から始まる次世代の挑戦

幅広い分野の若手起業家と、多種多様な学生との交流・勉強の場を月に一度のペースで、提供している「ダイヤモンド・フロンティア・アカデミー起業家講座」をご存知だろうか。 これは、2012年4月に開始された取り組みで、14名の有...

内藤 聡

「自分らしくたくましく生きて」四角大輔が若者へ送る50のこと

20代は捨て。今後の自分にプラスにならないと思ったものは潔く捨てればいい。捨てれば捨てるほど、視界と思考からノイズが取り除かれ、本当にやりたいことが明らかになるからだ。 そう話すのは、現在ニュージーランドと日本を往来する...

池田真隆

国内企業にインターンした中国人学生 日本で働いて感じたことは

大学生の海外インターンシップ。東京大学が秋入学を検討していることで、その動向には更に拍車がかかっている。その一方で海外から日本にインターンシップをしに来ている学生がいる。 今回は学生NPOアイセックの海外インターンシップ...

naoko

【モテ企業の条件】「眠る日本の伝統を世界に発信する」――ALEX

これからの日本で必要とされる会社、長く生き続けることのできる会社ってどんな会社だろう。そんな“モテ企業”が持つべきモノを探すのが「モテ企業の条件」。 消費者からモテる企業、取引先からモテる企業、労働者からモテる企業、そし...

fuuko_higuchi