あそぶ

2日間の限定カフェで途上国を再発見

2014年12月10日 12:00 PM あそぶ--でかける

アフリカや南米など途上国の新たな一面を発見する「国際協力カフェ」が12月13~14日にかけて、横浜で限定オープンする。途上国というと支援や社会課題の面が強調されがちだ。しかし、もちろん食や音楽をはじめとした独自の素晴らしい文化持っている。このイベントでは、現地の食べ物を紹介しながら、海外青年協力隊経験者らのクロストークで、実際に訪れた際の様子や、途上国本来の魅力を発信していく予定だ。(オルタナS編集部=佐藤 理来)

この臨時カフェの店長となる田才諒哉さんは、横浜国立大学4年生。大学は現在休学中だが、南米パラグアイで教育支援活動に携わる。青年海外協力隊としてアフリカ・ザンビアで活動したこともある。国際ボランティアに参加して、帰国するたびに感じた「世間からの途上国へのイメージの薄さ」が開催のきっかけだという。

今回紹介予定なのは、タイ・フィリピン・マレーシア・トンガ・キリバス・ケニア・パナマなど。支援や社会課題の文脈で語られることも多く、貧困や労働問題などをイメージする人も多いのではないだろうか。

国際協力カフェでは、途上国での伝統料理やドリンクを提供予定。青年海外協力隊OVや、ルワンダを中心に国際協力プロジェクトを牽引する牧浦土雅さんなど、実際の途上国をよく知るゲストを招き、理解を深める。フェアトレードについて学ぶ『バレンタインデー一揆』の上映も。

お知らせ 国際協力カフェの詳細はこちら


kanban2
unnamed
コミュニティーから考える未来の都市・ライフスタイルマンション
banner600_200
オルタナSキャンパス支局募集中!
スクリーンショット(2014-09-24 21.20.42)

気になるキーワードをチェック!

関連記事