あそぶ

養老孟司氏が「CSRの壁」を説く、大宮で講演

2017年2月14日 11:53 AM あそぶ--でかける

一般社団法人CSR協会は2月21日、大宮で東京大学名誉教授の養老孟司氏を招き、CSR(企業の社会的責任)をテーマにしたシンポジウムを開く。養老氏は、「論語と算盤とCSRの壁」と題して、社会に愛される企業について、CSRを軸に講演する。会場参加型のトークセッションも行う。(オルタナS編集部)

養老氏がCSRを軸に社会に愛される会社について話す

CSR協会の松村圭祐代表は、同シンポジウムを開催した背景についてこう説明する。「『論語と算盤』は1916年に渋沢栄一氏が発刊し、100年に渡り多くの経営者に読み継がれてきた。このたび改めて、CSR経営について学びを深めたい」。

当日のゲストは養老氏のほかに、公益財団法人渋沢栄一記念財団渋沢史料館館長の井上潤氏、東洋経済新報社CSR総覧編集長の岸本吉浩氏を招く。井上氏は「道徳経済合一説」をテーマに、岸本氏はCSRの最新動向を話す。

参加費は一般5000円で大学生は3000円。場所は大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)。

・チケットはこちら

%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

気になるキーワードをチェック!

関連記事