あそぶ

チャリティー専門のカジュアルファッションブランド

2014年9月19日 10:47 PM あそぶ--おしゃれする

京都のカジュアルファッションブランドJAMMIN(ジャミン)合同会社(京都府京田辺市・西田太一社長)は、扱うすべての商品を寄付付き対象にしている。服の販売を通して、NGO・NPOの事業活動の持続可能性に寄与している。目指しているのは、分かりやすいチャリティーだ。(フリーライター=今一生)

JAMMINのアイテムの一例 ©JAMMIN,LLC

JAMMINのアイテムの一例 ©JAMMIN,LLC

同社では、2013年11月の創業以来、1アイテムの購入につき700円を、非営利活動法人へ寄付してきた。3000円の商品では、寄付額は価格の20%以上に相当する。

同社を設立したのは、開発コンサルタント会社で出会った西田太一(30歳)さんと高橋佳吾(30歳)さん。二人は共に途上国での国際協力の仕事に従事していた。現地での課題解決に限界を感じていた頃、ニューヨークのクラブプロモーターが誠実に生きる方法を求め、すべてを捨ててアフリカへ旅立ち、NGOの代表として20カ国350万人に安全な水を提供する活動を始めた事実を知った。

西田さんには、内線下のスリランカを訪問し、貧困の現状を目の当たりにして国際協力分野を志した経緯があった。高橋さんも、アメリカのヒップホップアーティストが行っていた井戸を掘るチャリティー活動を見て、国際協力を志した過去があった。

二人は、「自分たちの好きなファッションでほんの少しでも社会問題に挑戦していこう。30歳を過ぎたらきっと思っていてもやらなくなる」と気持ちに踏ん切りをつけ、会社を辞めて起業した。

そして、23の非営利活動法人に寄付してきた。6カ国8地域で映像教育プロジェクトを展開し、計約1100人の生徒に良質な教育の機会を提供してきたNPO法人e-Education Project(東京)や、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人に対して26の国と地域で支援活動を行っているNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(広島)など、JAMMINによって支援されるNPOは毎週増え続けている。

高橋さんは言う。「弊社の社名は、JAZZ用語のジャム・セッションから来ています。みんなが好きな方法でチャリティーに参加して社会が良くなるといい。『ジャミンがあったから寄付市場が広がった』と言われるようになるまでがんばり続けたいです」

・JAMMIN合同会社はこちら



スクリーンショット(2014-09-24 21.39.05)

気になるキーワードをチェック!

関連記事