まなぶ

SDGsにおける企業への課題――コロンビア大・地球研究所所長

東京財団は7月30日、第96回東京財団フォーラムを開いた。同フォーラムでは、コロンビア大学地球研究所長のジェフリー・サックス氏が登壇し、ポスト2015の開発アジェンダにおける企業の課題について講演した。ジェフリー氏は、「...

まなぶ

増える就職活動の「オワハラ」問題

オワハラ(就職活動終われハラスメント)――企業が内定者や内定者候補に対して、「(他社への)就職活動を今すぐに辞めれば、うちへの入社を認める」などと、脅迫すること。2016年卒学生の就職活動では、大学生の売り手市場・長期化...

まなぶ

安全運転で寄付額が増える基金が1周年

自動車やバイクなどの保険を扱う三井ダイレクト損害保険(東京都文京区)は、顧客の投票結果に応じて寄付を決める「ムジコロジー・スマイル基金」を行っている。期間中無事故だった顧客の票に比重をかけるもので、安全運転の推進を狙う。...

まなぶ

ソーシャルファイナンス――社会を良くするお金の使い方

本人にそのつもりがなくても、多くの日本人は、年金保険、貯金などを通じて間接的な投資家になっている――。河口真理子・大和総研調査本部主席研究員は、著書『ソーシャルファイナンスの教科書』(生産性出版)のなかで、こうした「無意...

あそぶ

古都・京都で触れる伝統美――琳派誕生400年

5月30日、京都府・京都市・JR西日本などで実行委員を構成する「ファッションカンタータ from KYOTO」が京都劇場(京都市下京区)で開催された。京都では今年、江戸時代の芸術の流派である琳派の誕生400年を記念して、...

まなぶ

ライターは全国の農家と漁師 NIPPON TABERU TIMES

一次産業の生産者にまつわるニュースサイト「NIPPON TABERU TIMES」がオープンした。特徴的なのは、ライターが生産者を取材しているのではなく、生産者自らが記事を書いている点だ。生産者が直接情報を発信することで...

まなぶ

ポップカルチャーからみる「日韓新時代の姿」

日韓国交正常化50周年の記念事業として7月26日、東京で「ポップカルチャーからみる日韓新時代」が開催されました。高校生から60代まで女性を中心に80人が参加しました。その模様をレポートします。(オルタナS特派員=中川 真...

はたらく

食生活から就活女子を応援

就職活動中の学生は多忙でつい食生活が乱れやすくなる。理想のスタイルを維持すれば、面接で好印象にもつながるだけに、就活女子には切実な課題だ。ナリス化粧品(大阪市福島区)はそんな悩みに着目し、今年4月から同社のベストセラーダ...

はたらく

オフィス古紙から封筒・ハガキに――カミデコ 

創業昭和3年、紙再生サービスメーカーの山陽製紙(大阪府泉南市)は、低い再生率が問題となっている事業系紙ごみの再生率向上を目指し、「カミデコ(KAMIDECO、紙でエコするの造語)」に取り組んでいる。中小企業でも参加しやす...