タイの生産者から作り方を教わる3人、右から、四角大輔さん、鈴木弘美さん、鎌田安里紗さん あそぶ

四角大輔さんと鎌田安里紗さんが企画「すべてが土に還る服」

すべてが土に還せる天然素材で作られた服がある。生地は100%天然素材で、ボタンは木や貝でできている。この服をプロデュースしたのは、ミリオンヒットを7回達成した実績を持つ四角大輔さんと人気モデルの鎌田安里紗さん。(オルタナ...

13324083_10205100256820968_979393677_o-596x400 まなぶ

【NPO大学】次回は「地域活性化」

日本財団CANPANプロジェクトとオルタナSは7月から、NPO大学を始めます。NPO大学は、大学生・若手社会人を対象にした連続講座です。若手NPO代表らをゲストに招き、子どもの貧困や地域活性化、動物愛護などさまざまな社会...

%e7%b1%b3%e4%bf%b5 あそぶ

【小説】69歳の学生から20代の学生たちへ(48)

タイトル:電園復耕~大通りからそれて楽しく我が道を歩こう なぜ人を押しのけて狭き門に殺到するのか?自分を愛し迎えてくれる人たちとの人生になぜ背いて生きるのか? この書き下ろしは、リクルートスーツの諸君に自分の人生を自分で...

%e5%ad%a6%e3%81%b3%e8%88%8e-%e5%82%8d%e6%a5%bd まなぶ

「不登校に悩む親と語る場」京都の町家で

小型充填機メーカー、ナオミ(大阪府箕面市)は、社会貢献活動の一環として、「学び舎 傍楽(まなびや はたらく)」を運営している。「学び舎 傍楽」とは、「傍を楽にする(働く)」という意味で、若者や親など様々な立場の人々が一緒...

ゲストの箕輪氏がプレゼンをしている様子=トークライブハウス高円寺pundit’で まなぶ

「ITと生きがいと社会貢献」学生と社会人が議論

武蔵大学社会学部メディア社会学科松本ゼミは11月9日、高円寺で、「ITの未来とこれからの若者の生き方」というテーマでトークイベントを開いた。登壇したのは、ヤフーの社会貢献担当者と分身ロボットを制作したロボットコミュニケー...

dap9 まなぶ

米・弁護士が指摘するダコタ・アクセス・パイプラインの課題

スタンディングロックに滞在していた時、環境問題を扱う弁護士のフィン・ドゥリー氏に話を聞くことができた。フィン氏は、退役軍人でもあり、科学の教師でもあったという。「ダコタ・アクセス・パイプライン」の件で、多くの人が石油の発...

月一度開催されるkaigoカフェの様子 あそぶ

介護の未来を対話で切り開く「kaigoカフェ」とは

介護業界で働く人々が交流する「カフェ」がある。介護職に関しては、低賃金や離職率などが盛んに報道されるなか、「ネガティブなイメージを変えたい」と主宰者は話す。介護の未来を「対話」によって切り開いていく。(西 樹利香・武蔵大...

img_9245 はたらく

【NPO大学】エシカルの新潮流

オルタナSは2011年3月に、「300万人のエシカルスチューデントをつくる」という大きな目標を掲げてスタートしました。記事を読むだけでなく、若者が発信者になることで、社会問題と若者をつなげてきました。このたび、この目標を...

映像制作を通して多文化共生を目指す牧野さん はたらく

悩みながら前へ、トヨタの問題解決を学んだNPO

トヨタ財団は12月16日、トヨタNPOカレッジ「カイケツ」の成果報告会を開いた。今年5月から、トヨタ自動車の問題解決手法を学んだNPOの経営幹部がその成果を発表した。「うつ」「多文化共生」「子どもの貧困」などの社会的課題...