はたらく

ファミリーマート、「ありがとうの手紙」で地域とつながる

ファミリーマートでは社会貢献活動の一環として、小学生を対象に、感謝の気持ちを手紙にする「ありがとうの手紙」コンテストを行っている。2009年から毎年開催しており、これまでの応募総数は21万通を超える。この活動は次世代育成...

はたらく

モチベーション低下・業務過多 NPOの課題、トヨタ流でカイゼン

「スタッフのモチベーションが上がらない」「自分の業務に追われてしまい、部下を指導する余裕がない」――NPOの幹部が抱える課題を、トヨタ自動車のノウハウで解決する講座が行われている。品質管理を徹底するトヨタ流のマネジメント...

はたらく

尾崎豊息子・裕哉さん、「音楽で社会問題を解決したい」

「音楽で社会を良くして、父ができなかったことをしたい」――故・尾崎豊の息子で、シンガーソングライターの尾崎裕哉さん(26)は音楽で社会問題を解決したいという志を持つ。なぜ社会問題に関心を持ったのか、そして、音楽活動で何を...

はたらく

トヨタ流マネジメントをNPOに伝授 連続講座始まる

トヨタ財団は5月19日、NPOに向けて、トヨタ自動車の問題解決手法を教える講座を開講した。公募で選ばれた30の非営利組織の幹部が受講する。同講座では、NPOの組織上の問題点を改善し、社会的課題の解決を後押しする。(オルタ...

はたらく

コミュニティデザインの源流から考える生協の未来

組合員数が日本有数の生協である生活協同組合コープこうべは良心的な小売り業から、「社会的課題を解決するトップランナー」へと舵を切る。今後、高齢化や孤独死、認知症などの地域の問題に対応した事業に注力していく。助け合いの精神の...

はたらく

コープこうべの歴史 戦後、消費者運動の拠点に(2/3)

第二次世界大戦後、急速に変わる生活環境に対し、コープこうべは組合員とともに続々と消費者運動を起こした。物価値上げ反対運動や有害食品追放運動、家庭会を中心としたチャリティー活動など。そうした組合員の声に応えながら、コープこ...

はたらく

デロイトトーマツ、NPOへ無償のコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティング(東京・千代田)は5月17日、公募で選ばれた非営利団体に無償でコンサルティングを行う取り組みを発表した。同プログラムは、2013年から行っており、これまでに58団体を支援し、事業収入は平均...

はたらく

【小説】69歳の学生から20代の学生たちへ(17)

タイトル:電園復耕~大通りからそれて楽しく我が道を歩こう なぜ人を押しのけて狭き門に殺到するのか?自分を愛し迎えてくれる人たちとの人生になぜ背いて生きるのか? この書き下ろしは、リクルートスーツの諸君に自分の人生を自分で...

コーヒー農園で働く女性たちの労働条件を改善しようと、米国の大学生が動き.....

まなぶ

コーヒー好きの学生が女性生産者の「不都合な環境」を改善

まなぶ

コーヒー好きの学生が女性生産者の「不都合な環境」を改善

コーヒー農園で働く女性たちの労働条件を改善しようと、米国の大学生が動き出している。生産者と正当な価格で、取引できる仕組みをつくり、消費との「架け橋」になろうとしている。このプロジェクトについて、早稲田大学3年で米国のEa...