まなぶ

シェアエコは、地方を救うか (1)―シェアリングシティとは

世界に先駆け地方自治体の少子高齢化、人口減少が深刻化する日本社会。地域の過疎化が広がり財政難を叫ぶ自治体も増えるなど、既存の地域活性における「公助の仕組み」が限界を迎えている。そのような中、2016年11月、秋田県湯沢市...

あそぶ

CSRとブランディングの融合、東京で国際会議

博展と米サステナブル・ライフ・メディア社(以下SLM社)は3月8・9日、サステナブル・ブランド国際会議2017東京を開く。CSRとブランディングの統合を軸に、国内外から第一人者を招き40のセッションを行う。基調講演には、...

あそぶ

復興支えた気仙沼の仮設店舗が閉店、若者が感謝祭

2011年12月から営業を行ってきた気仙沼復興商店街が3月を持って閉店する。同商店街には居酒屋や雑貨店、スーパーマーケットなどがあり、震災後、人が集う拠点だった。これまでの感謝を伝えようと、気仙沼在住の若者たちがイベント...

まなぶ

卍LINE、「電力は食事と同じくらい選ぶべきもの」

レゲエDJ卍LINE(マンジライン)はこのほど、レゲエ界の生きる伝説とされるリー・スクラッチ・ペリー氏(80)と対談した。電力の選び方についてお互いの考え方を話し合った。対談を終えて、卍LINEは電力の選び方について、「...

あそぶ

ファッション業界の「裏側」知って、慶応生が映画で訴え

慶応義塾大学の学生からなるTo2Bag(トゥートゥーバッグ)プロジェクトは2月12日、ファッション業界の裏側を描いたドキュメンタリー映画の上映会を開く。来場者には、途上国の生産者が製作したトートバッグをプレゼント。アクセ...

まなぶ

【NPO大学報告会】「社会問題の発信マニュアル」を発表

日本財団CANPANプロジェクトとオルタナSは2月14日、NPO大学報告会を開きます。昨年7月から半年をかけて作成してきた、「社会問題の発信マニュアル」を発表いたします。ぜひお越しください。 NPO大学とは、高校生・大学...

はたらく

教育界のファーストペンギン、高校から過疎地を再生

夢の実現性を競い合う「みんなの夢アワード」(主催:公益財団法人みんなの夢をかなえる会)。毎年、全国から数百人がエントリーし、審査を勝ち抜いたファイナリストが数千人の観衆と審査員、約50社の協賛企業を前に自らの夢をプレゼン...

はたらく

「図書館カフェ」、進路や人間関係で悩む高校生の居場所に

【連載】LOCAL GOOD YOKOHAMAから見えてきた成果 ② 「有給職業体験プログラムバイターン」 市民主導の取り組みによって地域課題を解決していくためのWebプラットフォーム「LOCAL GOOD」。この連載で...

はたらく

ムヒカさん、「お金に執着すると、人生の時間なくなる」

前ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカさんは1月25日、同国で講演し、「お金を使い過ぎると、人生の時間がなくなる」と話した。同講演は、世界一周中のピースボートがウルグアイの首都モンテビデオに寄港したことを記念して開かれた。愛用...