はたらく

知り合いゼロから地域活性化させる秘訣とは

三井俊介さんは広田町とは縁もゆかりもなかった。しかし、現在は広田町に移住し、地元住民と外部から来た若者を交流させ、地域活性を行っている。知り合いゼロからどのようにして人を巻き込んだのか。(佐々木 桜) 広田町とは、岩手県...

はたらく

よそ者が引き出す内なるパワー

「外の人間だからできることがある」――。約6年前、三井俊介さんはこの言葉をかけられた。三井さんに話したのは、岩手県陸前高田市広田町の住民。この地は、三井さんが大学を卒業後に単身で移住した港町だ。(小泉 晴香) 東日本大震...

はたらく

みんなと育つ「共育」を掲げ、移住を決めた28歳のリーダー

「ボランティアでなく、『三井』として認識してもらうようにした」――。特定非営利活動法人SET創立者にして代表理事の三井俊介さん(28)はそう語る。東日本大震災の津波被害を受けた地域、岩手県陸前高田市広田町に活動拠点を置く...

まなぶ

多形構造社会に向けて、ポリモルフィック・ワーキングの時代

SNSの仕組みを生かして、「シェア」系サービスが続々と生まれている。自宅や自動車の遊休資産を社会でシェアするエアビーアンドビーやウーバーが北米のサンフランシスコから生まれ、ホテルやタクシーなどの専門業のあり方を変えている...

まなぶ

小説・ゲーム・絵画、月10万円のクリエイター奨学金

スマートフォンアプリの開発を行うコロプラ(東京・渋谷)の馬場功淳代表取締役社長が立ち上げた公益財団が若手クリエイターへ返還不要の奨学金を給付する。月10万円で、年120万円を50人に給付し、セルフプロデュース能力を鍛える...

まなぶ

体内時計を可視化、睡眠改善

睡眠時間と体内時計のズレをデバイスで可視化して、睡眠を改善していくサービスが今秋発売される。このサービスを開発しているのは、大手広告代理店の電通でコピーライターとして働いていた谷本潤哉さん(31)。前職時代、多忙を極めた...

はたらく

最大2000万円の出資交渉権「みんなの夢アワード7」

優秀なソーシャルビジネスには、最大2000万円の出資交渉権が授与される、みんなの夢アワード7(主催:公益財団法人みんなの夢をかなえる会)が2月20日に舞浜アンフィシアターで開かれる。審査を勝ち抜いたファイナリスト7人が数...

はたらく

【小説】電園復耕 69歳の学生から20代の学生たちへ(54)

タイトル:電園復耕~大通りからそれて楽しく我が道を歩こう なぜ人を押しのけて狭き門に殺到するのか?自分を愛し迎えてくれる人たちとの人生になぜ背いて生きるのか? この書き下ろしは、リクルートスーツの諸君に自分の人生を自分で...

まなぶ

奈良公園にリゾートホテル計画、住民からの反発高まる

奈良県は東京五輪で見込まれる外国人観光客に備え、奈良公園内にリゾートホテルの建設を計画しているが、地元住民から建設計画への反発の声が高まっている。計画地は、もともと国が所有しており、開発が禁止されている市街化調整区域だっ...