まなぶ

中学生から社会人まで参加 北海道からなでしこリーグ目指す

2012年9月27日 10:35 AM まなぶ--フューチャー

札幌を練習拠点として、中学生から社会人までが本気でなでしこリーグを目指す女子サッカーチームが北海道にあった。最終節を終えた現在も、なでしこリーグへの昇格を目指して練習を重ねている。

選手に冗談を交えながら指示を出す三浦監督


チームの名前は、ノルディーア北海道。イタリア語で北を意味する「NORD」と女神を意味する「DEA」を組み合わせた名称を持つ。

日本代表の選手も含め、「なでしこリーグ」には、北海道出身の選手も多い。しかし、北海道でサッカーに打ち込める環境はとても少ないため、サッカーのトップクラスを目指す北海道在住の女子たちにはこのチームがとても貴重な存在となっている。

「チームの底力、なでしこリーグにかける情熱は日本でもトップクラス。そして、バックアップ体制に関しては、地域リーグの中でもこれほど恵まれているチームはないだろう」広報ディレクターの大原大樹さん(48歳)は語った。

S級ライセンスをもった三浦監督はじめ栄養アドバイザーまで充実しているチームは、全国の地域リーグをみてもそう多くはない。

唯一プロ契約の神成選手 チームにプロ意識を吹き込む


ノルディーア北海道のチームメイトそれぞれが、1名を除いてすべてアマチュアだ。本気で「なでしこリーグ」を目指す中学生以上ならば誰でもが入団可能である(未成年者は家族の理解が必要)。

学校や仕事を抱えているため夜間中心の練習となり、時間も制限されている。女子サッカー界は、ワールドカップ、オリンピックを通じてようやく世間にも知られるようになってきた。

しかし、なでしこリーグが、認知されているとはまだまだ言い難い。本気でなでしこリーグを目指しているチームが北海道にもある。だから地元の皆さんに少しずつでもいいから知って欲しい。

北海道には、コンサドーレ札幌というJ1チームもあるが今年は成績が低迷しており、ぜひ北海道のサッカー人気を女子からも盛り上げてもらいたい。(オルタナ北海道支局長=横山光紀)


・ノルディーア北海道ホームページ
http://www.norddea.jp/

・ノルディーア北海道サポーター募集ページ
http://www.norddea.jp/supporters

・ノルディーア北海道フェイスブックファンページ
http://www.facebook.com/norddea

気になるキーワードをチェック!

関連記事