まなぶ

奈良のフリースクール、在校生主体で初オープンキャンパス

2015年12月1日 1:23 PM まなぶ--フューチャー

奈良のフリースクール・サポート校、アイエス学園奈良学習館(奈良県奈良市)は、11月28日から1月9日までの毎週土曜日、設立後初のオープンキャンパスを開催する。不登校や発達障がいを抱えた生徒たちが主体となって準備を進めており、「当学園を広く知ってもらうだけではなく、在校生がやりがいや達成感を得る機会にしたい」と今井真路学園長は話す。(オルタナS関西支局特派員=平澤 麗子)

オープンキャンパスに向けゲーム制作の様子

オープンキャンパスに向けゲーム制作の様子

当学園は、「共に学び・共に成長し・共に感動する』という理念のもと本年4月に設立されたフリースクール・サポート校で、不登校や発達障がいを抱える生徒たちの個性とそれぞれの家庭を大切にしている。学力向上だけではなく、地域・社会・企業との繋がりが強い会社組織だからこそできる取り組みで、実社会で「生きる力」を養うことを推進している。

10月からは、これまでの高校卒業資格を得ることができる高校生の学習サポートに加え、小学生・中学生向けフリースクールとしても受入を開始している。

生徒の顔が常に見えるようオープンな教室や職員室

生徒の顔が常に見えるようオープンな教室や職員室

初のオープンキャンパスに向け、自主性を育む活動の一環として生徒たちが主体となり、来場者に楽しんでもらうためのロールプレイングゲーム制作や、案内ポスター作成、学園内の清掃などに取り組んできた。

当日は在校生との触れ合いや施設見学だけでなく、個別相談にも対応する。 11月28日から1月9日までの毎週土曜日(1月2日を除く計6回)の10時から開催、いずれも予約は不要。

気になるキーワードをチェック!

関連記事