まなぶ

「万が一に備えてほしい」 「語り部」が伝えたい思い

2016年10月22日 3:33 PM まなぶ--フューチャー

ヤフーが東日本大震災の復興支援として開催する「ツール・ド・東北 2016」は、震災の記憶を未来に残していくことを目的に始まった。4回目を迎えた今年は「牡鹿半島チャレンジグループライド」(100km)を新設し、ライダーと地元の人たちとの交流の機会「語り部ステーション」を設けた。語り部たちに「被災地の今」とその思いを聞いた。文=吉田広子(オルタナ副編集長) 写真=小堀訓 今野大介

ライダーたちは「おしか番屋」で、語り部・斎藤富嗣さん(左)の話に耳を傾ける

ライダーたちは「おしか番屋」で、語り部・斎藤富嗣さん(左)の話に耳を傾ける

「ついに来た!いよいよだ」。自転車で坂道を下ってくるライダーの姿を見て、歓声が上がる。宮城県牡鹿半島の先端・鮎川浜では、石巻市長をはじめ、ライダーを待つ人々が大きく手を振った。

「ツール・ド・東北が始まって以来、牡鹿に来てくれるのをずっと待ちわびていた。今年ようやく決まって、みんなで迎える準備を進めてきた」。石巻観光協会副会長で、ワカメ養殖業を営む斎藤富嗣さんはうれしそうに話す。

この続きはこちら

600-400_borderless_job

気になるキーワードをチェック!

関連記事