はたらく

ケニア活動歴26年、エイズ孤児を支える日本人家族

アフリカ児童教育基金の会(ACEF)の医療スタッフである塩尻大輔さんは9歳のときに家族とともにケニアに渡り、ナイロビ大学医学部に進学・卒業し、医師となった。今は

吉田 梨乃
あそぶ

「援助が途上国の自立を阻む?」 学生らが横浜で上映会

国際協力に関心のある学生たちが11月26日、途上国の援助のあり方を問い直すドキュメンタリー映画の上映会を横浜市内で開く。上映する映画は、「ポバティー・インク〜あ

横浜支局 細川 高頌
あそぶ

「美味しく楽しい途上国」 中野に一日限定のエシカルカフェ

関東圏内の大学生らからなる国際協力カフェ運営事務局は10月29日、東京・中野区で「国際協力カフェ」を開く。当日は、ガーナのカカオ豆を使ったチョコレートづくりを体

池田真隆
はたらく

保護中: 藤原紀香、「99%の自己満足が 少しでも役に立つなら」

8月 31, 2016   オルタナS編集部   コメントを読むにはパスワードを入力してください。
-->
オルタナS編集部
まなぶ

READYFOR、国際協力を加速する新プログラム

クラウドファンディングREADYFORは25日、国際協力活動応援プログラム「VOYAGE PROGRAM」を始めた。同プログラムでは、国際協力のお金の流れを加速

池田真隆
はたらく

世界最大の慈善団体に聞く、国際救援の考え方

武蔵大学社会学部メディア社会学科3年松本ゼミは6月18日に世界最大級の慈善団体である慈済基金会(以下、慈済)の日本支部への取材を行った。慈済についてより詳しく知

学生による被災地支援のためのメディアプロジェクト支局 内山 武
はたらく

コンゴ支援へ つなぐメロンパン

メロンパンとコンゴ支援――異色ともいえる組み合わせで社会貢献に取り組む学生がいる。メロンパンの販売利益を、紛争鉱物問題で苦しむコンゴへ寄付する。事業を発展してい

オルタナS編集部員 佐藤理来
あそぶ

コンゴ支援になるメロンパンフェス 全国20店舗が参加

コンゴ支援になるメロンパスフェスティバル2015が5月5日、開かれる。当日は都内だけでなく、青森、愛知、熊本など全国20店舗から厳選したメロンパンを販売する。主

オルタナS編集部
あそぶ

チャリティーバブルサッカー大会 ルー大柴がゲスト

NPO法人ジャパンハート学生組織HEART'sは3月22日、チャリティーバブルサッカー大会を開く。同大会の収益は、同団体がミャンマーに設立した養育施設に寄付され

オルタナS編集部
あそぶ

都内で「チャリティウォーク」、歩く距離は水汲みの道のり

公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパンは3月8日、都内でチャリティウォーク・キャンペーンを行う。同日が、「国際女性の日」なので、歩きながら、途上国で暮ら

池田真隆
まなぶ

電気がなくても作物を保存できるナイジェリア人の知恵

電気のない途上国の農村部。もちろん冷蔵庫などはありません。農業で生計を立てている人々にとって、作物が保存できないことは深刻な問題です。しかし、電気も敷かないで、

横浜支局 田才 諒哉
まなぶ

冷静な環境活動と情熱の国際支援の間

国際協力団体BWP(Bringing World Peace)プロジェクトは12月6日、京都外国語大学で「Presentation for Peace」を開いた

崎浜 公之
あそぶ

2日間の限定カフェで途上国を再発見

アフリカや南米など途上国の新たな一面を発見する「国際協力カフェ」が12月13~14日にかけて、横浜で限定オープンする。途上国というと支援や社会課題の面が強調され

オルタナS編集部員 佐藤理来
まなぶ

浜松町から東京タワーまで、水汲みを体験

貧困や紛争の解決に取り組むNPO法人グッドネーバーズ・ジャパン(東京・大田)は11月30日、浜松町から東京タワーまでの約2キロを10リットルの水を運びながら歩く

conisshow
まなぶ

大手2社をつなげて、ソーシャル・ビジネス――GSR学生コンテスト

公益社団法人日本経済研究センターは9月27日、第5回GSR学生アイデアコンテストを開催した。貧困や環境汚染など、地球規模の社会的課題を解決する事業案を競い合うプ

池田真隆
あそぶ

「国際平和映像祭2014」今年のグランプリ作品は?

今年、4回目を迎える国際平和映像祭が、国連の定める「平和の日」(ピース・ディ)に合わせて、9月21日、横浜市教育会館ホールで開催された。はたして、今年のグランプ

横浜支局 大城 彩葉
あそぶ

女子大生企画の国際協力イベント、メロンパン650個を売り上げ

メロンパン好き女子大生・平井萌さん(専修大学法学部3年)は9日、コンゴ支援につながるメロンパンフェスティバルを開催した。当日は全国11店舗からご当地メロンパンが

池田真隆
あそぶ

メロンパン好き女子大生が企画、メロンパン祭で国際協力

大のメロンパン好き女子大生が8月9日、コンゴ支援につながるメロンパンフェスティバルを開催する。会場では、全国のご当地メロンパンを取り揃えており、音楽ライブやトー

池田真隆
まなぶ

カンボジア 過剰な経済成長の裏で深刻化する森林減少

近年経済成長率7%前後と著しい発展を遂げるカンボジアであるが、その一方で毎年12万ヘクタールの大規模な森林減少が起こっている。直接的な要因は、違法伐採の横行、農

清谷啓仁
まなぶ

防災は「BOSAI」へ、日本の知見を世界に

2011年1月、ブラジルのリオデジャネイロ州ペトロポリス市の山岳部を中心に、豪雨による大規模な土砂災害が発生した。日本で大きく報じられることはなかったが、被害は

清谷啓仁
まなぶ

タレント藤岡みなみ、バングラ取材を振り返る

タレントの藤岡みなみ(25)が著者『シャプラニール流 人生を変える働き方』(エスプレ)を出版した。約2週間に及ぶバングラデシュ・ネパールの取材で感じたことを綴っ

池田真隆
はたらく

人生を変える働き方、15の条件

何のために働くのか、現代人の多くが抱く「問い」にヒントを提示する書籍が出版された。1970年代からバングラデシュやネパールで国際協力を続け

池田真隆

「D&Iが企業を強くする」セミナー&シンポジウム&フューチャーセッション

最近、ビジネス界では「D&I」という言葉が注目されています。Dはダイバーシティ、Iはインクルージョン。 ダイバーシティは社会や企業に

オルタナS編集部
はたらく

パラレルキャリア実践者がたどり着いたのは、国際協力だった

青年海外協力隊選考試験合格者が、候補生から正式な隊員となるべく集う訓練所の一つに、JICA二本松青年海外協力隊訓練所(福島県二本松市)があ

大嶋義章
はたらく

「国際協力とは何なのか」、青年海外協力隊が抱える葛藤

子どもが未来を切り開いていく「きっかけ」でありたいーそう語るのは、青年海外協力隊としてコロンビアで活動する藤岡摩矢さん。コロンビア第二の都

清谷啓仁
まなぶ

約550の施設で導入、TFTはなぜ共感されるのか?

世界の食糧問題解決に取り組むNPO法人テーブル・フォー・ツー(TFT、東京・港)は2月20日、「TFT活動報告会」を開催した。支援先である

オルタナS編集部

【イベント】2/9 中学・高校生が企画・販売 インド学校建設支援チョコ

次の記事を読む⇒【もうすぐバレンタイン!国分

猪鹿倉 陽子

【イベント】3/1 サッカーで国際協力! 学生団体WorldFutチャリティーフットサル大会

サッカーで国際協力をする学生団体WorldFut(ワールドフット)が3月1日、味の素スタジアムで第10回目となる

池田真隆
はたらく

小規模ナプキン製造機で、フィリピン女性の社会参加を促す日本人

人口9500万人のフィリピンでは、生理用ナプキンの普及率はわずか32%だという。ナプキンを使えず不自由な生活を送ることで、勉強や仕事に取り組む時間を年間で50日

池田真隆
まなぶ

アジア太平洋の若者3600万人が失業状態、ILOが警鐘

国際労働機関(ILO)駐日事務所と法政大学大原社会問題研究所は10月23日、第25回国際労働問題シンポジウムを都内の国連大学で開催した。その中でILOアジア太平

開発メディアganas