あそぶ

魅力いっぱいの島で活躍!佐渡市地域おこし協力隊

佐渡市地域おこし協力隊とは、佐渡市の自然環境を守り、市民がそれらを積極的に活用することができるよう支援を行う組織だ。協力隊の活躍によって、自然が守られ、移住する

山梨学院大学青山ゼミ支局 井上 万由子
まなぶ

「放射線量下がったのは何かの使命」福島田村市が奮起

福島県田村市では、公・民・学が連携して、地域活動が活発に行われている。計画的避難区域から、いち早く解除された地域として、「原発事故を乗り越えて誇りを持てる地域に

武蔵大学松本ゼミ支局 細川 楓
あそぶ

地域活性化のポテンシャル秘める「着地型観光」とは

地元の人が地域の魅力を案内する「着地型観光」が、地域活性化につながると注目されている。着地型観光には、旅行代理店は関与しておらず、企画は地元の人が行う。旅の参加

池田真隆
あそぶ

マンションの共有空間、地域活性化の窓口へ

三井不動産レジデンシャルは、マンションを基点に、地域を活性化する取り組みを行っている。マンションを「終の住処」として選ぶ割合も増えるなか、長く住んでもらうため施

池田真隆
はたらく

「なんとなく」な生き方に嫌気、「幸せ」つくりに地方へ

島根県津和野町などでまちづくりの活動に取り組むFoundingBase(ファウンディングベース)。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し、その地方の

福井 健
あそぶ

「地元への可能性閉じないで」――Uターンキャリア

「地元は好きだけれど、面白い仕事がない」。地方出身者の中で、やりたい仕事がないという理由で地元を出て行く人は多い。だが、その仕事は本当に地元でできないものなのだ

寄稿
はたらく

奈良の学生が地酒で地域活性

帝塚山大学オリジナルの日本酒「酒輪(しゅわ)」――名前の由来は「シュワシュワ」というスパークリングの音と「お酒が取り持つ人の輪」をイメージしたものだ。昨年、大学

宮武 由佳
はたらく

「奇跡」ではないまちおこしを 「非主流」地域振興のすすめ

「奇跡」「カリスマ」――地域おこしの成功例を表現する際にしばしば用いられる言葉だ。この現状に危機感を抱くのが、山形県朝日町で地域振興に取り組む佐藤恒平さん。佐藤

横浜支局長 武居 隼人
まなぶ

「地域おこし」成功の極意

沖縄県宮古島の「雪塩」のプロデュースをはじめ、全国30カ所の市町村で地域開発プロデューサーを務める成田重行氏は、地域おこしをするさいに3つのプロセスに気をつける

横浜支局長 武居 隼人
まなぶ

入居条件は「地域活動」、まちをにぎわす学生マンション

東京・御茶ノ水駅からすぐの複合施設「ワテラス」には地域活動への参加が入居条件となっている学生マンションがある。入居者は、格安な家賃で設備が整った部屋に入居できる

池田真隆
まなぶ

廃校寸前の小学校を救う、地元の中学1年がネットで資金調達

廃校寸前の小学校を救うために、地元の中学1年生が立ち上がった。クラウドファンディングで600万円の資金集めに挑戦しており、現在111人から420万円が集まってい

池田真隆
はたらく

オープンイノベーションのエコ村計画、元食品メーカーの26歳が参画第一号

太陽光発電開発事業を行うGreenT(グリーンティ・東京・世田谷)が進める、山梨県北杜市でのエコビレッジ計画に、26歳の阿部千瑛さんが参画した。同社は、オープン

池田真隆
はたらく

「場所なんてどうでもいい」、超自己中ロジックで地方活性

島根県津和野町と、岡山県和気町でまちづくりの活動に取り組むFoundingBase(ファウンディングベース)。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し

福井 健
あそぶ

地域をつなげるマルシェ、ITで生産者・地域住民・大学生を結ぶ

一般社団法人淡路エリアマネジメント(AAM)は11月2日、東京・御茶ノ水でワテラスマルシェを開いた。同マルシェは、地域間交流をコンセプトに、複合施設ワテラスの下

池田真隆
まなぶ

「奇跡の集落」、さらなる奇跡に挑戦――移住希望者に住居を

新潟県十日町市にある、小さな山あいの集落「池谷集落」。この集落に移住した福島美佳さん(十日町市地域おこし実行委員会メンバー)から移住希望者向けの家を建てると言う

きっこう 伊藤
小布施から日本を変えるアイデアを発信する まなぶ

どうする過疎化? 地域を担う若手100人が結集

全国から35歳以下の若者100人以上が集まり2泊3日で、地域が抱える課題について議論するイベント「第三回小布施若者会議」が11月22日から行われる。舞台は、長野

池田真隆
はたらく

「自分らしく生きるための仕事」求めて 鎌倉市役所から津和野へ

島根県津和野町と、岡山県和気町でまちづくりの活動に取り組むFoundingBase(ファウンディングベース)。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し

福井 健
はたらく

23歳の新卒先生、岡山・和気町の高校でPBL導入 

島根県津和野町と、岡山県和気町でまちづくりの活動に取り組むFoundingBase(ファウンディングベース)。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し

福井 健
はたらく

地域を元気にする無名の個人求む! 地域デザイナーズアワード

NPO法人2枚目の名刺は、「地域デザイナーズアワード」を開催する。本業以外で、地域活性化をする個人を応援する。ウェブで取り組みを募集し、審査を経て、投票で順位を

池田真隆
はたらく

「地方創生」の担い手発掘へ、官民が動く

ビズリーチ(東京・渋谷)は9月25日、地方を盛り上げるNPO人材の募集を始めた。同日、同社が運営するサイト上に、地方で活動するNPOなど4団体の求人情報を無償で

池田真隆
はたらく

「自分のため」とは――慶應休学、津和野で学ぶ

島根県津和野町と、岡山県和気町でまちづくりの活動に取り組むFoundingBase(ファウンディングベース)。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し

福井 健
あそぶ

現実舞台のロールプレイング散策、地域に溶け込む

島根県津和野町をロールプレイングゲームのように散策する企画がある。参加者は、ミッションを与えられ、クリアを目指して考え歩きながら、町の様々な隠された魅力に触れる

池田真隆
あそぶ

地域活性にコンサート 音大生の進路に光

8月24日、宮城県の名取市文化会館で「東北四季の音楽祭」と題した入場無料のクラシックコンサートが開催される。主催するのは、音大生・芸大生・演奏家と連携し、広く一

conisshow
あそぶ

パーティーみたいなマラソン大会 東北沿岸で

東北沿岸の津波被災地周辺で、どこを走ってもよいマラソン大会が開催される。その名は、「ご当地ソーシャルマラソン」略して「シャルソン」だ。タイムを競うのではなく、思

池田真隆
はたらく

地域の魅力、おばあちゃんの笑顔に乗せて

地域の魅力を伝えるコンテンツは、郷土料理でも観光名所でもなく「元気なおばあちゃん」だ。兵庫県北部に位置する但馬で、農作業や伝統工芸品を製造する、働くおばあちゃん

池田真隆
はたらく

「地に足をつけて」 国連から、津和野へ

島根県津和野町と、岡山県和気町でまちづくりの活動に取り組む株式会社FoundingBase。この取り組みの面白さは、都市部の若者が地方に移住し、その地方のいち住

福井 健
はたらく

本には書かれていない「小さな変化」 現場で学ぶ

国内有数の研究室を飛び出し、超高齢化地域に活動の拠点を移した若者がいる。大学院で学んだ知識を、実際に現場で生かしたいと意気込む。都心から地方へと移り住んだ理由を

池田真隆
はたらく

仮設住宅と社会をつなぐ、自然栽培プランター

東北の太平洋岸にあたる三陸地方の仮設住宅にプランターが配布されている。住民たちは、そのプランターで、無肥料・無農薬で野菜を育て、収入を得る。食を通して、社会との

池田真隆
まなぶ

【イベント】地域を盛り上げるコワーキングスペースとは

神保町のコワーキングスペース「EDITORY(エディトリー)」に、サンフランシスコの街全体から注目を浴びているコワーキングスペースのディレクターがやってくる。そ

池田真隆
はたらく

大学生2人組が仕掛ける、宮崎発スムージー「ベジオ べジコ」

太陽の街宮崎から、スムージー用野菜のネットショップ「VEGEO VEGECO(ベジオ べジコ)」は生まれた。運営しているのは、宮崎県出身の2人の現役大学生。「野

池田真隆