10/27・28 世界の飲食と雑貨集まる祭典 世界市2012

世界と日本の架け橋をつくるを、団体理念として活動している学生団体「世界市プロジェクト」が10月27日28日に、国際フェスティバル世界市2012を開催する。世界中

オルタナS編集部
まなぶ

ありがとうを伝えたい 復興支援プロジェクト感謝祭

フェアトレード事業を行う福市(大阪市西区)は2日、同社ビルの地下一階のギャラリーにて「EAST LOOP感謝祭」を行った。EAST LOOPとは、同社がこれまで

hashi
はたらく

学生が中小企業に恩返し 企業の魅力を伝える「夢造」

関西の学生たちが中心となって立ち上げた学生団体「UCP」(Undergraduate Consulting Project)は、中小企業と学生が連携するきっかけ

annelimit

日本を考えるきっかけを NEXT LEADERS MEETING2012

課題先進国の日本に希望はあるのか。今後の日本社会について若者たちで考え合うイベント「NEXT LEADERS MEETING2012」が9月12日、開催される。

池田真隆
まなぶ

Shirakawa Week 14days 白河の未来について語る

7月30日から8月12日の2週間に渡り、福島県白河市でShirakawa Week 14days(以下SW)が行われた。白河を離れた学生、社会人と白河に住む子ど

オルタナS編集部

8/3 学生団体i vote 4周年記念パーティー@渋谷

若者の投票率向上を目指した活動をする学生団体i vote(アイヴォート)の4周年記念パー

オルタナS編集部
まなぶ

あなたが山口を変える日 ネット上でも話題集まる山口県知事選

山口県知事選がネット上でも盛り上がりを見せている。上関原発問題を焦点に、今後の日本全体に大きく影響を与える問題を抱えているからである。投票日である7月29日に、

池田真隆
まなぶ

身近な鍵で復興支援 陸前高田市へ届ける

7月18日、陸前高田市長室にて、戸羽太市長へ寄付贈呈式が行われた。寄付したのは、Love Takata,Love Japan Project(ラブタカタ・ラブジ

池田真隆
あそぶ

Youth for 3.11復興地へのボラツアに最大2万円の交通費補助 

震災支援活動を続ける学生団体Youth for 3.11(ユースフォー)は復興地へのボランティアツアー参加者へ交通費補助キャンペーンを行っている。期限は7月末ま

池田真隆
はたらく

「論文は起業の原点」、受賞者が語る小論文コンテストの意義

野村総合研究所(NRI)は、社会貢献活動の柱として「人づくり」を掲げ、若い世代の育成に取り組む。その一環として、若者に日本や世界の未来に目を向ける機会を提供しよ

オルタナS編集部
はたらく

国内企業にインターンした中国人学生 日本で働いて感じたことは

大学生の海外インターンシップ。東京大学が秋入学を検討していることで、その動向には更に拍車がかかっている。その一方で海外から日本にインターンシップをしに来ている学

naoko
あそぶ

東北の子どもたちと過した夏「第二のふるさとができた」

全国の学生たちが夏休みなどの長期休暇を利用して、東日本大震災で被害を受けた東北を訪れ、現地の小学生らと触れ合う復興支援活動を展開する「僕らの夏休みproject

池田真隆

「ボクらの声を政治に届けよう」300人の学生が繋ぐメッセージ

インターネットによる選挙運動の解禁を目指す『One Vo

森本洋子
はたらく

震災支援を続ける若者たち、支援を続ける想いとは

東日本大震災が発生して1年が過ぎた。復興庁が発表した調査によると平成24年3月22日時点で避難者は全国47都道府県1200以上の市区町村に所在し、34万人を超す

池田真隆
まなぶ

政治をポップに、若者の共感得たネット選挙運動コンセプト考案者

若者の政治離れが起きている昨今、ネット選挙運動解禁を求める「

池田真隆
まなぶ

大学生活透明化、現役大学生が運営するインターネットテレビ局

学生団体ダイガク.TVでは、インターネットテレビ局を運営して高校生や大学生に向けて、大学のパンフレットには掲載されていない、学生の声を発信している。

池田真隆
はたらく

教科書のリサイクルを通じ、途上国の教育を支援する挑戦

全国の大学が続々と導入を決定している「STUDY FOR TWO」というサービスが話題になっている。 STUDY FOR TWOは、不要になった教科書を回収、

内藤 聡
まなぶ

若者が復興支援に参加する意義とは、疑似体験型ワークショップ

東日本大震災から1年後の3月11日。復興支援団体SET(東京)主催で被災 支援イベント「Re:Start」(リスタート)〜今までとこれから歩む1年〜が開催され

池田真隆
はたらく

復興に女子大生の力を!女性視点からのボランティアツアーを企画する女子大生の想い。

Girls for 3.11は”復興に女子大生の力を!”をテーマとして、2011年10月に発足した学生団体です。メンバーは、東日本大震災のボランティアに参加した

オルタナS編集部
はたらく

支援をした人も、しなかった人も東北を想い続けて。参考書支援団体を設立した大学3年生の想い

「3.11から1年。僕たちが想い続けるということ。」東日本大震災の直後に参考書宅救便という団体を設立しました。この団体では全国から使用しなくなった参考書や辞書と

オルタナS編集部
はたらく

サッカーから生まれる笑顔をつなげてカンボジア支援する学生たち

3日、サッカーで国際協力をする学生団体WorldFut(以下ワールドフット)が第8回目となるチャリティフットサル大会を開催した。学生を中心に24チーム、約340

池田真隆
まなぶ

津波で亡くなった小学生の為に、気仙沼の学生が熱唱

100年先へ3.11を伝える震災イベント「PLAY the 311 vol.01」が4日開催された。会場には全国から学生を中心に約80人が訪れた。主催団体である

オルタナS編集部
はたらく

被災地出身20歳の学生がGWに200人の学生を被災地へ

2011年3月11日に発生した東日本大震災で実際に宮城県気仙沼などで被災体験をした大学生らが中心となり、その被災で感じたことを写真や音楽に乗せて若者世代に伝える

オルタナS編集部
はたらく

カンボジアからサッカー選手を、学生団体WorldFut 2011年度報告会

サッカーで国際協力を行う学生団体WorldFutが都内で2011年度の活動報告会を開催した。 [caption id="attachme

池田真隆
はたらく

ミスキャン10人で明るい社会変革を〜山崎ひな子〜

ミスキャンパスらによる社会貢献を行う任意団体「Sweet Smile」を立ち上げ、企業とのチャリティプロジェクトやイベントを行っていた山崎

オルタナS編集部

no.42 志団杯 福島の若者のチカラで、楽しく地域活性をーーTEAM iups

11月 17, 2011   オルタナS編集部   No comments

-->
オルタナS編集部

no.36 志団杯 学食から出る廃食油の回収・リサイクルを広めたい――Life-U



1.活動紹介  大学生だからこそできることをモットーに、廃食油のリサイクルを行っている株式会社ユーズ

オルタナS編集部

no.38 志団杯 「出会いの質=人生の質」、全ての学生に自己実現の場をーー学生団体Luxe

11月 07, 2011   オルタナS編集部   No comments

-->
オルタナS編集部

no.27 志団杯 とことん考え、自分の想いをカタチにする場をーーMBC〜明治大学ビジネスコンテスト運営委員会〜

1.活動紹介 2011年4月26日、学生3000名を統括するある委員会の委員長同士で、「明治大学をもっと盛り上げる為にはどうしたら良

オルタナS編集部

no.34 志団杯 1000人規模のチャリティスポーツフェスでバングラ支援――学生団体SWITCH

11月 07, 2011   オルタナS編集部   No comments

-->
オルタナS編集部