no.11 「泳いだ後は自家発電」夢のビキニとは

2011年8月1日 12:00 PM 未分類


©All rights reserved by kheopsalbator

「海水浴に行くとき、iPodやカメラの充電を忘れていた」。そんな悲しい経験ありませんか?

太陽光パネルが組み込まれており、日差しさえあれば電源がなくてもどこでも発電し、iPodやカメラの充電ができる「iKini」というビキニがある。

水着全面に太陽光パネルが縫い合わせてあり、腰部分にUSBソケットがついている。作るのはすべてが手作業で、ひとつ完成するまでに約80時間かかるという。ちなみに気になるお値段は120ポンド(1ポンド=128円換算で15360円)から。

充電器として利用する際には体と水着をよく乾かす必要があるが、このビキニを着たまま海水浴をすることもできるそうだ。開発したのはニューヨークで活躍するアンドリュー・シュナイダーさん。ビキニの次は「ビールを冷やせるトランクス」を開発するのだとか。(オルタナS特派員 塩野健介)

気になるキーワードをチェック!

関連記事