はたらく

日本唯一の社会的事業者向けカンファレンス

2014年11月12日 2:01 PM はたらく--挑戦者たち

社会性のあるスタディツアーを企画している一般社団法人リディラバ(東京・豊島)は12月11・12日、社会企業家向けの招待制カンファレンス「R-SIC 2014(Ridilover Social IssueConference 2014)」を京都大学で開催する。ソーシャル・ビジネス実践者のつながりと、各事業経営のノウハウを次世代に伝えることが狙いだ。同カンファレンスは招待制だが、一部一般にも公開されている。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同団体は、カンファレンスを開くことで、非営利事業に対する誤解と偏見に対して切り込んでいく。ここでいう誤解と偏見とは、「社会的事業は稼がない」「寄付と助成金で成り立つのが非営利事業」「NPOの職員は年収500万円も必要ない」などを指すという。当日は250人の社会企業家・投資家・メディア関係者で議論を交し、世間の社会的事業に対する関心を高めていくことを目指す。

同カンファレンスは、昨年、日本で唯一の社会的事業プレイヤー向けの招待制カンファレンスとして始まった。ゲストには、ユーグレナの出雲充社長、ITジャーナリストの津田大介氏、NPO法人ETICの宮城治男代表理事らが呼ばれ、登壇した。

今回のカンファレンスのゲストには、認定NPO法人Teach for Japanの松田悠介代表理事や、ミライロの垣内俊哉社長、認定NPO法人カタリバの今村亮統括ディレクターらが決まっている。招待制のイベントだが、公募では、一般参加50席分と若手社会起業家へのピッチの登壇枠が用意されている。

R-SIC 2014の申し込みはこちらから


m3_banner_640-190
banner600_200
スクリーンショット(2014-09-24 21.37.32)

関連記事