はたらく

進路未定が2人に1人、通信制高校生の未来

2013年9月20日 5:33 PM はたらく--エシカルな働き方


少子化が進むなか、通信制高校の数が増え続けている。その生徒数は約19万人にも上るが、不登校や中途退学経験者が多く、2人に1人が卒業後、就職も進学も選ばないという。そんな若者が自ら未来を選択し、築いていけるようキャリア教育を中心に活動する日本で唯一のNPO法人がD×P(大阪市城東区)だ。共同代表の今井紀明さん(28)はイラク戦争で人質となった経験があり「若者がつまずいても、未来をもう一度築いていける希望が持てる社会をつくりたい」と話す。(オルタナS関西支局特派員=中津りりか)

笑顔で話す今井紀明共同代表(大阪市城東区のD×P事務所)


Pages: 1 2 3

関連記事

    関連する記事はありません。